2019.11.18 Mon
岐阜本巣教室

【岐阜本巣教室】タミヤ本社の歴史館に行ってきたよ!

岐阜本巣教室(タミヤロボットスクール・ロボットプログラミングコース)は、タミヤフェアが開かれた11月16日(土)に、バスツアーでタミヤ本社・歴史館に行ってきたよ!

タミヤ本社前で撮影

ここで作られたんだよ!
バスが到着したタミヤ本社前では、カムロボの産みの親でもある石崎さんにお出迎えいただきました。本社内の歴史館、並びにタミヤフェアにもご帯同、会場内をご紹介いただきました。「カムロボはここで産まれたんだよ。」

 

 

 

すべての製品の背景には人がいる
楽しい教材としてのカムロボには親しみのある生徒たちも、正直「タミヤ」を知らない世代であるのは確かです。そんな子ども達が、開発者に会えるという夢の様な経験をいただきました。世の中にある全ての製品は「人が作っている」という当たり前のことを肌で感じられた掛け替えのない時間でした。

 

 
 

真ん中にある情熱
本社歴史館内を石崎さんご本人にご案内いただき、懐かしいプラモデルや見たことのない模型など、開発のエピソードなどを交えて、直接その歴史を教えていただきました。技術や情報の進化で、モノづくりは大きく変わりつつあるように見えますが、その真ん中にある「情熱」は、どの時代にも変わらず存在していることを確認できました。

 

熱伝導
「プラモデルは基板から産まれる時、温かいんだよ。」石崎さんは嬉しそうに語ってくれました。子ども達の手に届く頃には“クールな機械”として冷めている。「いや、そんなことはない。」今回知ることのできた“モノづくりの情熱”は、ここにいた子ども達だけではない、皆に浸透して熱く遊ばれています。
 
熱は温かいところから冷たいところへと移動します。
カムロボという大きな熱がタミヤを知らない子ども達に伝わっていく。
そう、それは基板から産まれる、ずっと前から。
 


■ロボットプログラミングコース
【岐阜本巣教室】
住所:本巣郡北方町平成8-5(日響楽器本巣センター内/アピタ北方店西側)
電話:0120-646-848(運営:日響楽器岐阜店)
無料駐車場スペースあり(専用15台、共用5台)

タミヤ カムロボ プログラミング体験会風景

 

 

■随時 新規入会生受付中!
〇第2・4土曜日 午前クラス
その他の時間帯のご入会もご相談ください。

■お申し込み
お電話かお問い合わせフォームで受け付けております。
教室に関するご質問などお気軽にお問い合わせください。

〇電話0120-646-848(運営:日響楽器岐阜店)

〇お問い合わせフォーム

お申し込みはこちらから »