2019.11.25 Mon
SUNNYSIDE Programming School 宇多津教室

[5月4日]カムロボ を自分で作る〜その1〜

※過去の授業の内容をまとめてアップロードしています。題名の日にちが古い順から見ていただけると幸いです。

いよいよ今日から授業で使うカムロボ を自分の手で作っていきます!

(カムロボ とは?:プラモデルで有名なタミヤから販売されているプログラミング学習用ロボットです。タミヤロボットスクールでは市販のカムロボ にコンピュータやセンサーをのせ、実際にプログラミングが出来るように改造されています。)

 

最初は組み立てに必要な道具の使い方について説明します。

ドライバーの握り方、ニッパーの刃の向ける向きなどを指導します。

一通りの説明が終わると、早速組み立て開始!

説明書を見ながら部品を切り離し、組み立てていきます。

最初はドライバーの力の入れ方など、どこかぎこちない感じがしていましたが、90分の授業が終わる頃には皆んな上手に使えるようになっていました。

この回を含めて合計3回でカムロボ を組み立てていきます。

今日の1番の難所は、ギアの組み立てのところ!

(どうしても説明書では立体が表現しづらいんですよね。。)

子ども達も間違ったり、合っているのか不安になりながらも先生に相談しながら、クリアしていました!!

ここでは、カムロボ がどうやって動いているのか知ることももちろんですが、組み上がったギアを自分で回してみる体験が重要だと思っています。

自分で回すことによって、どのくらいの力で回るのかを体感的に知ったり、ギアの組み合わせによって軽い力で回すことができることを知るきっかけになります。

切りの良いところまで組んだら、残りは次回に。

組み立てが終わるまで、細かい部品のことなどもありカムロボ とは一時お別れ。

名残惜しそうな子もいましたが、組み立てが終わるまでは我慢。

早く組み立てて、カムロボ と一緒に学べる日が来ると良いね^^