2019.12.16 Mon
SUNNYSIDE Programming School 宇多津教室

[9月21日]条件分岐を学ぶ〜その2〜

※過去の授業の内容をまとめてアップロードしています。題名の日にちが古い順から見ていただけると幸いです。

今回は条件分岐の2回目!条件分岐のより複雑な使い方を伝えていきます!

前回、雨が降っている時の例を出しましたが、もし出かけるときに雨が降っていなくとも天気予報で雨の予報が出ていたらどうでしょう?

傘を持って出かけますよね。

つまり、「雨が降っている」もしくは「天気予報が雨」だったら、「傘を持っていく」ということです。

このように、複数の状態をプログラミングし、ロボットに判断してもらうことも出来ます。

上の例では「もしくは」でしたが、「かつ」の条件分岐を使うことも出来ます。

例えば、「雨が降っている」かつ「自転車に乗っている」だったら、「カッパを着る」といった感じですね。

 

難しい内容だったためか、皆んな真剣に授業を聞き、問題に取り組んでくれました。

ただ、やはり「もしくは(または)」、「かつ」の概念を理解するのは難しかったようで、全部の問題を解くというところまではいきませんでした(x_x)

時間内には解けませんでしたが、こうやって自分の頭を使って考える、ということがとても大切なのだと思います。例え1回目学んだ時に理解しきれなかったとしても、一度考えて作られた「下地」は2回目の学びに必ず活かされるからです。(なので、もう一度チャレンジする必要はありますが。。)

最後のゲーム作りも集中力そのままに、取り組んでくれました!

次回は「座標を学ぶ」予定ですが、少し消化不良の子もいるので、もう少し「条件分岐」を学ぶかも!?