全国の公募・コンクール情報

タミヤロボットスクールで学んだ成果を活かして公募やコンクールに応募してみましょう!
授業で作ったものをそのまま応募できる公募やコンクールもあるかもしれないよ。

※公募・コンクールに応募する際は、各ページの募集内容をご確認の上、応募をお願いします。

公募・コンクール情報募集中!
プログラミング、ロボット工作、モノづくり、発明など、タミヤロボットスクールの生徒が挑戦できそうな公募・コンクール情報がありましたら情報をお寄せください。

情報の投稿はこちら

ぼくの発明 きみの工夫

2024/1/12024/12/31
詳細を見る

明日をもっと楽しく、便利にするアイディアや実用的な発明を投稿しよう。
投稿された発明アイディアは、審査委員長の発明学会・松野泰明先生と編集部が審査。採用された作品は講評をつけて、公式サイトで順次発表していくよ。
審査された発明アイディアを考えた人は、発明ポイントをゲット! ポイントがたまると素敵な賞品がもらえるゾ。
さらに、子供の科学12月号では、1年間の発明王を決める「年間賞」が発表されるよ。年間賞に選ばれた人には、発明したアイディアの実現に必要なものを手に入れるための10,000円相当のAmazonギフト券をプレゼント!
ぜひ、きみのひらめきを投稿して、発明王を目指せ!!

公式サイト自動で入る
自動で入る

閉じる

NHKわいわいプログラミング Why!?大喜利

2024/1/12024/12/31
詳細を見る

NHKの「ワイワイプログラミング」メインコーナー「why!?大喜利」では、毎月異なるお題が出されます。
自由にアイデアを考え、プログラミングしてみて、審査員が驚くような素敵な作品を投稿しましょう。

お題

公式サイトをご確認ください。

応募締切

お題ごとに応募締切日が異なります。公式サイトをご確認ください。

言語

スクラッチ( Scratch )

公式サイト自動で入る
自動で入る

閉じる

第5回 学力向上アプリコンテスト

2024/4/12024/8/31
詳細を見る

学力向上アプリコンテストとは

このコンテストでは、小中高生の教科やトピックを題材に、利用者が楽しく学べるようなアプリを開発し、そのアイディア、創造性、実用性を競います。どのようにすれば人々を魅了するアプリを創造できるか、アイディアの火花を散らしながら、刺激に満ちたアプリ開発の旅に出ましょう!あなた自身の思考力・創造力を鍛えながら、利用者に楽しさを提供できる一石二鳥の機会です!

応募は個人でもチームでも大歓迎!友達やクラスメートと力を合わせれば、よりパワフルで想像を超える作品を生み出すことができるでしょう。一方、独りで挑みたい方は、独自性を追求し、より尖った斬新なアプリに取り組むのもよいでしょう。当コンテストでは、平均点ではなくキラリと光るものを重視します。

私たちはあなたの挑戦をお待ちしています!コンテストを通じて知識の境界を押し広げ、あなたの創造力を存分に発揮してください!楽しい未来の学びのために、今こそ第一歩を踏み出しましょう!

楽しく学ぼう!未来を描くアプリコンテスト

募集内容

①小学校から高校までに勉強する内容を楽しく学習できるアプリ
②情報科目を楽しく学習できるアプリ

<昨年度までの作品例>
分数を学ぶパズルゲーム
英単語暗記ブラウザアプリ
天秤を用いた学習アプリ
化学式を学習するアプリ
単位変換を学習するスマホアプリ
日本語入力からpythonのプログラムが作れるアプリ

作品規定

・エントリー期間
2024年4月1日~8月31日
・作品提出締切
2024年9月15日

部門

・小中学生の部
・高校大学院生の部
・情報科目の部

応募方法/応募先

公式サイトのフォームからエントリー。
【提出物】
1.作品名【必須】
 ホームページへの掲載や表彰の際に使用します。
2.作品概要【必須】
 作品の機能、目的などを記述した文書をご用意ください。ホームページへの掲載時に使用します。
3.デモ動画(1分程度)【必須】
 初めて見る人にアプリの効果を伝える動画をご用意ください。ホームページの応募作品一覧に掲載します。
4.デモ動画(時間指定なし)【任意】
 デモ動画(1分程度)では作品の事を伝えきれない、作品の内容をより詳しく解説したい方はこちらも提出ください。こちらの提出は任意です。
5.ソースコード【必須】
 ソースコードファイル(zip化したもの)または、ソースコードをアップしたGitHubのURLをご用意ください。募集要項の注意事項にもあるように応募作品はオリジナルのものといたします。
6.作品のURL【任意】
 作品をネット上で公開、または各Storeなどでリリースをしている場合は、そのURLも提出ください。こちらの提出も任意です。

応募時の会員登録

不要

募集期間

2024年4月1日(月) ~ 2024年8月31日(土)

応募資格

小学5年生から大学院生(修士2年まで)の個人または6人以下のチーム
※国内在住の方かつオンライン表彰式当日(2024/11/9)に参加できる方

・最優秀賞(賞金5万円) 1作品
・優秀プログラム賞(賞金1万円) 2作品
・優秀デザイン賞(賞金1万円) 2作品
・特別賞(賞金1万円) 1作品
・奨励賞(賞金1万円) 1作品

諸権利

詳細は公式サイトを参照ください。

公式サイト自動で入る
自動で入る

閉じる

U-22プログラミング・コンテスト2024

2024/7/12024/8/30
詳細を見る

U-22プログラミング・コンテストは自らのアイデアと技術を武器に、挑戦していく若者を応援する、作品提出型のコンテストです。

参加資格

22歳以下(西暦2002年4月2日以降に生まれた方)

※チームの場合も参加資格は原則上記の通りです。但し、チームの代表者が22歳以下で、メンバーの半数以上が22歳以下で構成されている場合は、同一学校に所属する学生限定で、30歳未満(西暦1995年4月2日以降に生まれた方)であればメンバーの一員として参加することを許容します。

募集内容

未応募※(他のコンテストを含む)のオリジナル作品であること。

※未応募とは…
U-22プログラミング・コンテスト2024最終審査会(2024年11月17日)よりも前のコンテストで応募歴のない作品。
但し、大幅な改変のある作品に限り、応募を可能としますが、改変前後の比較資料を添付すること。その評価は審査委員に一任します(UI・画像などの一部改変レベルは審査対象外とします)。なお、学園祭をはじめとする学校内等に限定されたクローズな大会は未応募として取り扱います。また、作品公開有無は問いません。

審査のポイント

総合得点だけでなく、プロダクト、テクノロジー、アイデアの3つのカテゴリで審査します。

審査手順

【審査手順】 事前審査 → 一次審査 → 最終審査

事前審査:
ProtoPedia上の作品紹介(作品概要・システム構成・実装内容・制作背景・アピールポイントなど)と作品説明動画(実行デモ含む)を中心に審査し、一次審査に通過する作品を選出します。

一次審査:
事前審査で選出した作品について、実機による動作チェックを行い、エントリーフォーム・ProtoPedia・動画等の提出資料をもとに、応募作品について、より具体的に審査し、最終審査に通過する作品を選出します。

最終審査:
制作者本人にプレゼンテーションを行っていただきます。制作者は作品概要、アピールポイント、プログラミングで工夫した点等について説明し、委員からの質問にも対応いただきます。その後、審査委員会で協議のもと各賞を決定します。

各賞

経済産業大臣賞(4本・副賞50万円)
経済産業省商務情報政策局長賞(6本・副賞5万円)
スポンサー企業賞(副賞は協賛企業各社に一任。順次Webサイトで発表します)
視聴者賞(1本・Amazonギフト券1万円分)

作品ジャンル

特に問いません。
自ら制作したプログラミング作品でアート、AI、IoT、セキュリティ、プログラミング言語、ユーティリティ、学習&教育、コミュニケーション、ゲームなど、実行可能にした作品をご応募ください。

※エントリーの際にどのジャンルに属するか、作品ジャンルを1つ選択してください。複数ジャンルにまたがる場合は、作品の特徴を最も表現していると思うジャンルを選択してください。

※自作言語・OSもご応募可能です。但し、インストール手順はもちろん、既存言語・OSとの比較やアピールポイント等の確認のため、サンプルデータを補足資料として添付してください。

プログラミング言語

特に問いません。

開発形式

プログラミング言語による開発のほか、市販ライブラリや開発キット、オーサリングツールなどのソフトウェアも利用可能です。
一般的なマシン環境で動作/再現できるもののほか、特別なハードウェア(IoT、ロボット等組込みシステム)を利用した作品もご応募可能です。但し、審査の過程で、実機での動作テストを行います。また、動作プラットフォームとしては、Windows®、Mac®、GNU/Linux®、Android、iOSを想定しておりますが、それ以外のプラットフォーム上で動作する作品については、事務局にお問い合わせください。
※実機での動作確認・検証にあたり、特殊なハードウェア・設定が必要で、事務局で同一環境の再現が難しい作品は、プログラムがインストールされた機材の貸与をお願いする場合がございます。その場合は事務局から個別に対象者に連絡します。なお、エントリー時点で、機材を郵送いただく必要はございません。

開発支援ツール

U-22プログラミング・コンテスト2024に応募される方を対象に、開発支援ツールを期間限定で無償提供致します。利用希望の方は開発支援ツール申込フォームからお申込みをお願いします。

受付期間  :2024年4月5日(金)~2024年8月26日(月)
無償利用期間:ご利用開始~2024年12月20日(金)

※仕様・提供範囲等詳細につきましては、Webサイトの「開発支援ツール」を参照ください。提供範囲を超える利用は有償となる場合がございますので、ご注意ください。

※作品の応募の際に必ず事務局が提供する開発支援ツールを利用しなくてはならないというものではありません。すでにご自身で使用している開発支援ツールがある方は、そのツール内で開発した作品をご応募いただいて構いません。

※無償で利用できるのはU-22プログラミング・コンテスト2024に応募される方を対象とします。開発支援ツールの利用にあたり、コンテスト応募に関連する作品以外の開発は行わないでください。

※審査期間中は、審査員・運営事務局が開発支援ツールにアクセスさせていただく場合があります。予めご了承ください。

※12月20日以降の利用は、有償版への自動切替・無償版へのダウングレード・アカウント削除など各社によって対応が異なります。仕様書記載の指示に従い、各自削除、バックアップなどの対応をお願いします。なお、継続して同等の範囲での利用を希望する場合は、各開発支援ツールの問合せまで、個別にお問い合わせください。

応募期間

2024年7月1日(月)~2024年8月30日(金)

諸権利

詳細は公式サイトを参照ください。

公式サイト自動で入る
自動で入る

閉じる

一致する公募・コンクールはありませんでした